使ってみて分かった月額見放題動画配信サービスの利便性

月額制の動画配信サービスは今では生活する上では欠かせないと加入する人も多いです。

もしも、現在も加入検討中だと言う人に向けて月額制の動画配信サービスをしてみて分かった面も紹介していきます。

一見すると便利そうでも、実際は利用してみると不便だったりその反対に加入して良かった面等いろんな面もあるからです。

スマホとタブレットも対応はしているがアプリになると別問題

今の動画配信サービスはスマホとタブレットからでも視聴は可能で、むしろ主流とも言って良いです。
見る為にはアプリが必要になるのですが、このアプリが少々鬼門です。

具体的に言うとアプリに対応しているOSのバージョンが基準以下だとダウンロードは出来ても視聴できないとなる事もあるからです。

その場合は対応バージョンのスマホやタブレットを新規に買う、ブラウザが対応していればブラウザから視聴する、スマホやタブレットの視聴を諦めてパソコンやゲーム機等の別デバイスから視聴のどれかで視聴するしかありません。

スマホやタブレットから視聴を検討しているならアプリが対応しているOSも下調べするのが良いでしょう。

急な値上がりも起こり得る

月額見放題なので約31日前後で考えれば1日数十円程度払っていると思えば安いと思えますが、それでも急に値上がりされる事もあるので金額は不動ではありません。

消費税が増税された場合は仕方ありませんが増税とは関係なく、急なタイミングで月額料金が上がる事もあります。

上がる金額は大体100~500円程度のが多いですが、それでも値上がりする事に変わりはありません。

実際月額料金が値上がりする前に止める人も多いので、今の月額料金より何円ほど値上がりしたら許容できるかをもう一度考えてみると良いでしょう。

見放題とは別にレンタル作品も存在する

基本的にはお金さえ払えば新旧の作品は見放題ですが、全部の作品が網羅出来ているかと言われた微妙です。

具体的にはレンタル開始された映画が主ですが、一部の作品はレンタル扱いも多く、こちらも映画や舞台作品が多く見られました。レンタルの場合は月額料金とは別にお金を支払う必要があります。

レンタル作品も新作を除けばどの作品がレンタル扱いになるかは各動画配信サービスによって違うので契約している動画配信サービスではレンタル扱いでも別の動画配信サービスでは見放題のラインナップに入ってる事もあり得ます。

見放題のラインナップも変わりやすい

見放題のラインナップは毎月変わる為、加入した月に見たい作品は見放題のラインナップから外される事はあります。

外れた作品に代わって違う作品が見放題に追加される事もあれば、追加されずに見れる作品数が減っただけとラインナップの調整も動画配信サービス次第になります。

但し、一部の動画配信サービスではリクエスト機能がついているのでラインナップの復活もしやすかったり、外される予定がそのまま継続や延長になったりする事もあるので外されたら最後、戻ってこないと言う事はありません。

便利な面もあるけど不便な面も把握しておく必要はある

月額見放題の動画配信サービスは便利ではありますが、実際に利用してみると今回紹介した様な不便な面も見られます。

不便と言ってもとても不便と言うよりは若干不便と言ったニュアンスですが、それでも利用してみると結構目立ちました。

全体的な評価で言えばお金と時間に余裕があるなら加入しても楽しむ事は出来ますが、今回紹介したような事もあると覚えておいて頂けると幸いです。